ギリシャ語

動詞の変化表(能動)

動詞は変化が多くて覚えるのが面倒だけど頑張ってみるか。丸覚えは面倒なのでいい方法はないかなぁ。

下記は動詞の変化表(能動)を載せます。
入力ミスがあるかも。信用しないように。
(※追記 英語のウィキペディアの表は充実してます ⇒「Ancient Greek grammar (tables)」)

アッティカ方言は、こちらのサイトが変化形を見るのに便利です。
http://www.greekverbs.com/


「第一次時制」は現在から未来に関わる時制。
「第二次時制」は過去。

「第一次時制」の現在形は人称語尾が分かりすい。両数はいったん見ないことにして列挙すると、
一人称単数-ω
二人称単数-εις
三人称単数-ει
一人称複数-μεν
二人称複数-τε
三人称複数-ουσι(ν)
となる。
「第二次時制」になると ἑ が語の頭につく。
時称・法接尾辞の変化も大事みたい。
アオリスト直接法だと σα のところね。
アオリスト接続法だと ση になったりしている。

  直説法 接続法 希求 命令 不定詞・分詞
第一次時制 第二次時制
現在および不完了過去 単1
単2
単3
両2
両3
複1
複2
複3
παιδεύ-ω
παιδεύ-εις
παιδεύ-ει
παιδεύ-τον
παιδεύ-τον
παιδεύ-μεν
παιδεύ-τε
παιδεύ-ουσι(ν)
ἑ-παίδευ-ο-ν
ἑ-παίδευ-ε-ς
ἑ-παίδευ-ε(ν)
ἑ-παίδευ-ε-τον
ἑ-παίδευ-ε-την
ἑ-παίδευ-ο-μεν
ἑ-παίδευ-ε-τε
ἑ-παίδευ-ο-ν
παιδεύ-ω
παιδεύ-ης
παιδεύ-η
παιδεύ-η-τον
παιδεύ-η-τον
παιδεύ-ω-μεν
παιδεύ-η-τε
παιδεύ-ωσι(ν)
παιδεύ-οι-μι
παιδεύ-οι-ς
παιδεύ-οι
παιδεύ-οι-τον
παιδεύ-οι-την
παιδεύ-οι-μεν
παιδεύ-οι-τε
παιδεύ-οι-εν
--------
παιδευ-ε
παιδευ-έτω
παιδεύ-ε-τον
παιδευ-έ-των
--------
παιδεύ-ε-τε
παιδευ-ό-ντων
不 παιδεύ-ειν

分 παιδεύ-ων

  παιδεύ-ουσα

  παιδεύ-ον
未   来 単1
単2
単3
両2
両3
複1
複2
複3
παιδεύ-σω
παιδεύ-σεις
παιδεύ-σει
παιδεύ-σε-τον
παιδεύ-σε-τον
παιδεύ-σο-μεν
παιδεύ-σε-τε
παιδεύ-σουσι(ν)
    παιδεύ-σοι-μι
παιδεύ-σοι-ς
παιδεύ-σοι
παιδεύ-σοι-τον
παιδεύ-σοί-την
παιδεύ-σοι-μεν
παιδεύ-σοι-τε
παιδεύ-σοι-εν
  不 παιδεύ-σειν

分 παιδεύ-σων

  παιδεύ-σουσα

  παιδεύ-σον
アオリスト 単1
単2
単3
両2
両3
複1
複2
複3
  ἑ-παίδευ-σα-ν
ἑ-παίδευ-σα-ς
ἑ-παίδευ-σε(ν)
ἑ-παίδευ-σα-τον
ἑ-παίδευ-σά-την
ἑ-παίδευ-σα-μεν
ἑ-παίδευ-σα-τε
ἑ-παίδευ-σα-ν
ἑ-παίδευ-σω
ἑ-παίδευ-σης
ἑ-παίδευ-ση
ἑ-παίδευ-ση-τον
ἑ-παίδευ-ση-την
ἑ-παίδευ-σω-μεν
ἑ-παίδευ-ση-τε
ἑ-παίδευ-σωσι(ν)
ἑ-παίδευ-σα-μι
ἑ-παίδευ-σειας, -σαις
ἑ-παίδευ-σειε(ν), σαι
ἑ-παίδευ-σαι-τον
ἑ-παίδευ-σαί-την
ἑ-παίδευ-σαι-μεν
ἑ-παίδευ-σαι-τε
ἑ-παίδευ-σειαν -σαιε-ν
--------
παιδευ-σου
παιδευ-σά-τω
παιδεύ-σα-τον
παιδευ-σά-των
--------
παιδεύ-σα-τε
παιδευ-σά-ντων
不 παιδεύ-σαι

分 παιδεύ-σᾱς

  παιδεύ-σᾱσα

  παιδεύ-σαν
完了及び過去完了 単1
単2
単3
両2
両3
複1
複2
複3
πε-παιδεύ-κα
πε-παιδεύ-κας
πε-παιδεύ-κε(ν )
πε-παιδεύ-κα-τον
πε-παιδεύ-κα-τον
πε-παιδεύ-κα-μεν
πε-παιδεύ-κα-τε
πε-παιδεύ-κασι(ν)
ἑ-πε-παιδεύ-κη, κειν
ἑ-πε-παιδεύ-κη-ς, -κεις
ἑ-πε-παιδεύ-κει, -κειν
ἑ-πε-παιδεύ-κε-τον
ἑ-πε-παιδεύ-κέ-την
ἑ-πε-παιδεύ-κε-μεν
ἑ-πε-παιδεύ-κε-τε
ἑ-πε-παιδεύ-κεσαν
πε-παίδευ-κω
πε-παίδευ-κης
等現在の如く活用又は
πε-παίδευ-κὼς ὤ
ἤς

等、εὶμίの接・現在と分詞の
合成による
πε-παίδεύ-κοι-μι
πε-παίδεύ-κοι-ς
等現在の如く活用又は
πεπαίδευκὼς εἲην
εἴης
εἴη
等、εὶμίの希・現と分詞の
合成による
  不 παιδευ-κέναι

分 παιδευ-κώς

  παιδευ-κυἴα

  παιδευ-κός

ἑ や πε などの接頭辞がついて過去や完了を表したり、時称・法接尾辞の変化や、人称語尾の組み合わせを見てパージングをするみたい。
上記の表は高津春繁著「ギリシャ語文法」p160-161より。
この表は接頭辞や動詞幹、時称・法接尾辞、人称語尾がハイフンで区切られているので分かりやすいようです。

あと、法接尾辞と人称語尾のつなぎ目の母音は、
一人称単数 -o
二人称単数 -e
三人称単数 -e
一人称複数 -o
二人称複数 -e
三人称複数 -o
o e e o e o と大体は変化する。
この変化を「これで燃えよ」ko-re-de-mo-e-yo と覚えるという方法が下記のサイトに載ってました。これは覚えやすい。

「初歩から学ぶ本格的な聖書古典ギリシャ語講座」
http://sky.geocities.jp/naostheou/poz3.3verbstem.html

↓ランキング参加します。クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)