« ヤコブ 3:6 舌は火である | トップページ | フィロン研究 »

ヤコブ 3:7 すべて人類に制せられるし

πᾶσα γὰρ φύσις θηρίων τε καὶ πετεινῶν, ἑρπετῶν τε καὶ ἐναλίων δαμάζεται καὶ δεδάμασται τῇ φύσει τῇ ἀνθρωπίνῃ

(口語訳) あらゆる種類の獣、鳥、這うもの、海の生物は、すべて人類に制せられるし、また制せられてきた。

πᾶσα /πᾶς, πᾶσα, πᾶν (すべて) 形容詞 主格単数女性
γὰρ / (なぜなら~なのだ) 接続詞
φύσις / (種) 名詞 主格単数女性
θηρίων / (獣) 名詞 属格複数中性
τε / (~も) 連繋の小辞
καὶ / (また、~と…) 接続詞
πετεινῶν / (鳥) 名詞 属格複数中性
ἑρπετῶν / (這う物) 名詞 属格複数中性
τε / (~も) 連繋の小辞
καὶ / (また、~と…) 接続詞
ἐναλίων / (海) 形容詞 属格複数中性
δαμάζεται / (飼いならす) 動詞 現在受動直接 三人称単数
καὶ / (また) 接続詞
δεδάμασται / (飼いならす) 動詞 完了受動直接 三人称単数
τῇ / (冠詞) 冠詞 与格単数女性
φύσει / (種) 名詞 与格単数女性
τῇ / (冠詞) 冠詞 与格単数女性
ἀνθρωπίνῃ / (人間の、人間的な) 形容詞 与格単数女性


ここで区切るのはちょっと変ですが、まず「πᾶσα γὰρ φύσις 」。これで「すべての種」ですね。

「θηρίων τε καὶ πετεινῶν, ἑρπετῶν τε καὶ ἐναλίων 」は、「獣も、また鳥、這う物も、また海(の生物も)」という感じ。「獣の」「鳥の」「這う物の」「海の」というように属格になってます。「獣の」種、「鳥の」種、「這う物の」種というようにそれぞれ「種」に掛かってるんだろうと思います。「海の…」はわりと大ざっぱなまとめかたですね。海にはいろいろな生物がいるので面倒になったのか。こういう地上のいろんな生き物と、あと海の生き物という大ざっぱな区別の仕方で表現される言い方が一般的だったのかな。

「δαμάζεται καὶ δεδάμασται 」は、「飼いならされており、また飼いならされてきた」という感じ。
この言い回しは、直接法と、完了の表現が比較しやすい。

「τῇ φύσει τῇ ἀνθρωπίνῃ」で、「人の種に」となります。

全体の訳としては、
「全ての種、獣も、また鳥、這う物も、また海のものも、人の種に飼いならされており、また飼いならされてきたのだ」
と言う感じでしょうか。

当時から、海の生き物を「飼いならしてきた」と言えるかどうかは微妙なところですが、漁でとっているだけでとくに養殖してなくても問題にしていない印象ですね。
つまり、これは飼育している者が支配者なんだよということが言いたいんでしょう。
支配関係を表現するしようと「飼いならしてきた」となるのでしょう。主旨は自分たち人間がいろんな「動物」の支配者なんだということですね。

聖書読んでいて違和感がある表現に、宗教的な指導者を「羊飼い」と譬えるところがあります。
羊をとって食うくせに、羊のために飼ってやっている話に変わっているのがどうも気に入らない。
迷子の小羊が狼に狙われるのを羊飼いが守ってくれるというのはあるかもね。
でも、それは自分の取り分が減るから「害獣」を追っ払うのであって、羊飼いも羊を美味しく頂くでしょう。
言ってしまえば、羊にとって「羊飼い」だって狼と分からない。ちょっとフレンドリーなところが違うぐらい。
飼っている実感としては、守ってやっている要素が大きいのかな。
でも、ペットみたいに名前をつけて飼っているのとは違うのではないかなと。
羊飼いが飼ってるシェパードならば、名前をつけているかも。犬は食べないし。そういう関係なら友好的な関係として理解しやすいけど。羊を飼ってるのは肥育とかミルクとったりとかでしょうしね。
でも、まぁ「羊飼い」のイメージとか、そういう表現は文化的なものなのでしょうけど。
宗教的な指導者を「羊飼い」と呼ぶと、「あぁ信徒をとって食うんだな」と僕なんかは解してしまうわけです。
逆にパウロみたいに「あなたがたのために霊のものをまいたのなら、肉のものをあなたがたから刈りとるのは、行き過ぎだろうか」(1コリ 9:11)と「あなた方から刈り取るんだ」と主張される方がすっきりします。宗教家ならば、信徒に何かまいている意識ぐらいはあるでしょうし、信徒がそれを受け取ったと実感しているならばお支払いを求めらても「行き過ぎ」とは思わないかもね。
僕みたいな非信者としては宗教的な価値はとくに認めないけど、その人の働きに対して対価を支払うというのはわりと納得できます。講義に対して授業料を支払う感じ。
あぁでも、関係ない話だったかな。

↓ランキング参加します。クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

|

« ヤコブ 3:6 舌は火である | トップページ | フィロン研究 »

新約聖書 ヤコブの手紙 ギリシャ語」カテゴリの記事

ヤコブの手紙 3:1~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブ 3:7 すべて人類に制せられるし:

« ヤコブ 3:6 舌は火である | トップページ | フィロン研究 »