« ヤコブ 1:25 | トップページ | 欺く »

ヤコブ1:22-25 鏡の譬えの雑感

【鏡の譬え】
1:22 そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。
1:23 おおよそ御言を聞くだけで行わない人は、ちょうど、自分の生れつきの顔を鏡に映して見る人のようである。
1:24 彼は自分を映して見てそこから立ち去ると、そのとたんに、自分の姿がどんなであったかを忘れてしまう。
1:25 これに反して、完全な自由の律法を一心に見つめてたゆまない人は、聞いて忘れてしまう人ではなくて、実際に行う人である。こういう人は、その行いによって祝福される。

鏡を見ることが何の譬えなのか、と考えはじめると迷路にはまる気がします。
鏡を見ることは律法を見つめることの譬えか。鏡には「真実」が写っているのか、生まれつきの顔を見つめるとはどういうことか、それと律法をみつめることとの違いは何かとか考えると混乱してきます。

譬えの文脈のなかでコントラストが効いているのは「すぐ忘れる」と「忘れずに実際に行う」という点です。
そこに注目すると、「鏡から立ち去る」⇒「忘れる」。「律法を見つめてとどまる」⇒「忘れない」という動作の違いが描かれていることになる。
そうなると鏡は律法を指しているように読める。
鏡/律法に「とどまる」のか「立ち去る」のかの違いだと考えるわけです。

鏡が律法の譬えであるならば、ヤコブは鏡にとどまっているべきだと言っているのでしょうか。
自分の顔をみつめているべきだとヤコブは言っているのでしょうか。
いや、「鏡に顔を映して見る人」はすぐ忘れるからこそ「ただ聞くだけの者」に似ているのである。

「ただ聞くだけのもの」は「鏡に顔を映して見る人」に似ているとヤコブは最初に言っている。
だから、鏡に顔を映している人は、基本的には「聞くだけ」の人なのです。
そう読んで行くと、鏡が律法を指している譬えなのかはっきりしなくなる。

「すぐ忘れる」ことがいけないのか。すぐ忘れない人は「律法」をみつめてとどまるというけれど。
では、鏡は一体何の譬えなの。
鏡は「真実」の姿を映せているのでしょうか。鏡は虚構しか映していないから律法と違ってすぐ忘れてしまうことになるのでしょうか。
「生まれつきの顔」を鏡に映しているということが「おのれを欺いて」(1:22)いるということなのでしょうか。つまり、鏡の虚構を真実を信じ込んでしまっていると。
そう考えてよいならば、鏡をみつめてばかりで律法を見つめていないというのは、真実を見ていないじゃないかという批判のニュアンスをもっていることになるでしょうか。

鏡が真実を映していないと考えると、違和感があるのは「生まれつきの顔」という表現です。
生まれつきの顔を見ているのに、すぐ自分の顔を忘れるとはどういうことでしょうか。
『生まれつき』の顔という表現は、何となく鏡のなかに『生じた』彼の顔と言っているような気もします。(語学的な根拠ゼロのいい加減な話ですが)
鏡のなかに生じた顔…つまり虚像を見つめていても、自分が本当はどのような顔をしているのかしっかり理解することはできず、すぐ忘れてしまうのだ、と言っている感じもします。
鏡が「真実」を映していないと考えると、「おのれを欺いて」が理解しやすくなるのが良い点です。

この譬えは、「鏡に自分の顔を映して見る人」が「聞くだけ」であることを批判しています。その点が重要なのではないでしょうか。
鏡ばかり眺めている人も、律法を聞くには聞いている。
いや、ひょっとしたら鏡を見てオシャレしている人は裕福で、しっかり教育を受けていたのかも知れない。
だから、律法についてよく聞いていたのかも知れない。
でも、彼らは「聞くだけで行わない」のだ。

鏡を見つめる者というのが、ちょっと裕福な人たちを指しているとすると、ニュアンスは取りやすくなる感じです。
教会内の貧しい人たちを小馬鹿にして、鏡で自分の顔や格好ばかり気にしている人々。

僕はちびちびヤコブの手紙を読んでますが、結構頻繁に貧富の差の構図が出てくるように感じます。
律法というのは枷になるので、たとえばディアスポラの人々が安息日を守っていたら、その分商売に影響しそうです。
単純に安息日も働いている人たちの方が競争上は有利で、商売で儲けることができるように思えます。
律法を守って細々と生活している人々と、大きな商売をして律法をちょいちょい無視する人々がいる、という構図ができていたのでしょうか。
ヤコブの手紙は、商人についても批判しているようですが。

↓ランキング参加します。クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

|

« ヤコブ 1:25 | トップページ | 欺く »

新約聖書 ヤコブの手紙 ギリシャ語」カテゴリの記事

ヤコブの手紙 1:21~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブ1:22-25 鏡の譬えの雑感:

« ヤコブ 1:25 | トップページ | 欺く »