« ヤコブ 1:16 | トップページ | バート・D. アーマン著「捏造された聖書」を読んだ »

ヤコブ 1:17

πᾶσα δόσις ἀγαθὴ καὶ πᾶν δώρημα τέλειον ἄνωθέν ἐστιν καταβαῖνον ἀπὸ τοῦ πατρὸς τῶν φώτων παρ' ᾧ οὐκ ἔνι παραλλαγὴ ἢ τροπῆς ἀποσκίασμα.

(口語訳) あらゆる良い贈り物、あらゆる完全な賜物は、上から、光の父から下って来る。父には、変化とか回転の影とかいうものはない。

---

辻学氏の注解書を参考にしてます。…間違って引用してたらそれは僕の誤読によるものです。

口語訳は「光の父」と訳してます。
これは光の複数形で、星を指していると考えられているそうです。
七十人訳で「天の星」を指してこの表現が用いられているそうです(エレミヤ 4:23、エゼキエル 42:11など)。
でも、ここは意味がはっきりしないため写本に異読が多いとのことです。

前半の部分は引用句ではないかと見る学者もいるそうです。
Dibeliusによれば、
>この文は「すべての贈物は良く、すべての贈物は完全」、つまり、もらい物の品定めをするなという意味であった
とのことです(辻学氏の注解書p74)。

---

「贈り物」という語は、なぜか違う単語です(δόσις、δώρημα)。
敢えて訳しわけるなら「与えられた物」と「贈り物」などになるのでしょうか。

「である ἐστιν」という動詞が単数です。
なので、「すべての良い贈り物」と「すべての完全な贈り物」の2つあるという意味ではないようです。
では「~と… καὶ」という語は、この場合はどう訳しましょう。
ここは新改訳のように「また」と訳すと、2つあることになるので誤訳になるのではないでしょうか。
καὶは、順接の接続詞なので「従って」と訳してみると、「すべての良い贈り物、従ってすべての完全な贈り物は…」という感じになります。
どうもぎこちないですが。

「すべての良い贈り物、従ってすべての完全な贈り物は、上から、星々の父から下ってくるものである。(彼には)変化や影の廻りはない」という感じでしょうか。

|

« ヤコブ 1:16 | トップページ | バート・D. アーマン著「捏造された聖書」を読んだ »

新約聖書 ヤコブの手紙 ギリシャ語」カテゴリの記事

ヤコブの手紙 1:11~20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブ 1:17:

« ヤコブ 1:16 | トップページ | バート・D. アーマン著「捏造された聖書」を読んだ »