« ヤコブの手紙 1:1の続き2 | トップページ | ヤコブの手紙 1:2の続き »

ヤコブの手紙 1:2

Πᾶσαν χαρὰν ἡγήσασθε, ἀδελφοί μου, ὅταν πειρασμοῖς περιπέσητε ποικίλοις,

(口語訳) わたしの兄弟たちよ。あなたがたが、いろいろな試練に会った場合、それをむしろ非常に喜ばしいことと思いなさい。

Πᾶσαν
すべて(を)
Πᾶσ
形容詞(adjective)
対格(accusative)
単数(singular)
女性(feminine)

χαρὰν
喜び(を)
χαρὰ
名詞(noun)
対格(accusative)
単数(singular)
女性(feminine)

ἡγήσασθε
思う (思いなさい)
ἡγέομαι
動詞(verb)
二人称(2nd)
 ・聞き手が主語になる。「あなた」「あなたがた」
アオリスト(aorist)
 ・事柄や動作が、過去において行われたことを示します。「~した」。
中動相(middle)
 ・主語が自分のために何かをしたり、させたりしていることを示します(再帰的)。
 ・複数形では主語が互いに何かをしていることも表します(相互的)。
命令法(imperative)
複数(plural)

単語三つ分を理解するだけでも結構難しいな。まぁおいおい理解していければいいか。

「思いなさい」という意味の動詞ἡγέομαιは、辞書で見ると「先に立つ」とか「リーダーになる」というような意味が中心の語のようです。(僕の英語力は酷いものなので、信用しないように。間違っていたら教えてください)
だから、ニュアンスとしては、喜びの感情をすべて奮い立たせなさい、と言ってるように読めます。
「すべての喜びを率先させなさい」というような訳になる気がする。

いや、「率先させなさい」ではなくて、「率先しなさい」か。「すべての喜びを率先しなさい」。
…うーむ。辞書に「思う」という意味が載っているのだから、無理して妙な訳をひねり出すこともないか。

|

« ヤコブの手紙 1:1の続き2 | トップページ | ヤコブの手紙 1:2の続き »

新約聖書 ヤコブの手紙 ギリシャ語」カテゴリの記事

コメント

ヘイゲオマイは、中心的な意味は「判断する」で、そこから、率先して判断する指導者の動作にもなりますし、思うという意味にもなるという感じです。自分の辞書からの理解はそんなところです。

投稿: woody63 | 2009年3月 5日 (木) 06時18分

woody63さん、コメントありがとうございます。
「判断する」が中心なのですね。そう考えると語の広がり方が理解しやすいですね。なるほどです。

言葉の雰囲気をつかむのは難しいなと感じます。
また、よろしくお願いします。

投稿: KAZIST | 2009年3月 5日 (木) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブの手紙 1:2:

« ヤコブの手紙 1:1の続き2 | トップページ | ヤコブの手紙 1:2の続き »